事業者ローンを利用する時

事業者ローンを利用する時はね、どういう点に配慮するといいでしょう。自営業をやっており、事業者ローンを使う人は少なくないようです。事業者ローンの魅力は即日融資とスピード審査ですが、担保がいらないというメリットもあります。金融会社によっては担保がない人は資金が調達できませんが、事業者ローンであればその心配はありません。担保がいらないと聞いて喜ぶ人も多いようですがそう思った人は要注意です。無担保ということは自然に借入者本人が担保になっているのです。会社の代表自身が保証人になっているということです。何かしらの理由で会社が倒産してしまった場合も会社の資金を返済にあてることはできません。会社を手放さなければならない状況でも、事業者ローン自体は会社のものではないので、会社ごと人に渡すことはできません。後の代表者としっかり話をつけておかなければ大変なことになる場合もあります。事業者ローンの特性を踏まえた上で返済をすっぽかさたれたりしたら、もう会社とは関係のない状態になっているのにローンの返済だけがついてくるということも起こりえますので、気をつけましょう。事業者ローンで借り入れる金額は大きいので個人で返済をするのは大変なことです。万が一会社をやめて代表を譲る場合にはしっかりと話し合い返済について契約を交わしておくことが大切です。事業者ローンを利用する場合には後のこともきちんと考えておくことが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ