しわの原因と筋肉の退化

しわがふえる原因の一つに、筋肉が衰えることがあります。形相筋として通じることが少ないために、しわがはっきり見えるようになる所は、目線元のしわ、口もとのしわ、ほうれい線だ。逆に、筋肉が絶えずはたらくためにしわになったりもします。形相筋が様々な理由で衰えると、肌は形相筋にて支えきれなくなって重力に従って垂れ下がり、しわができ易い肌になってしまいます。肌が湿気を失い、たるみ易くなるのが、しわの原因だ。表皮の実態は、形相筋が弱って行くによってどうして変わっていくのでしょう。ほっぺたが、骨格と形相筋を通じてふくらみ気味に見えた場合でも、形相筋が肌を支えていられなくなると、表皮本人のウェイトで下ベクトルに下がっていきます。ほうれい線は、頬など表情全体の肌がたるむようになるによって目につき出します。頬の肉が垂れさがれば、それだけ肌は自身のウェイトで下ベクトルに肌を引っ張るようになり、目の下にもしわができます。目尻のちりめんしわは、目の下の肌がウェイトで垂れ下がる際に、ダメージを目線の上や側にも引っ掛けるために、しわができ易い情熱がかかります。表情は1枚の肌でできていますので、内肌が垂れ下がる所があればそこが起点になって、さらなるしわができます。しわができる原因はいくつもありますので、普段から満杯肌のお手入れを通じておくことで、しわのない表皮にかけて下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ