平澤と新家

大抵のお客は、サイズの幅はともかくとして、緊張を感じながら仕事をしているようです。緊張が蓄積するままにしていると、そのせいで心身を悪くすることがあります。どんなことをすれば、労働の緊張を調整できるでしょう。労働が緊張も、労働以外のことが考えられないときのお客もいる。毎日を考える瞬間、行動する瞬間、リラックスする瞬間の3つのパートに分けると良いようです。ずっとおんなじことをぐるぐる考えていても先には進みませんので、強く図る瞬間をつくり、それ以外の時間は考えないように行う。特定のお客が緊張の原因になっているに関しては、緊張をもらいにくくなるように、苦手な人からはそれとなくギャップをとります。苦手な対象だけれど労働で関係するというお客は、1メートルは離れていたほうがいいでしょう。労働が終わってからは、労働のことをこれ以上考えずともすむようにして、緊張を解消して近頃ように行う。些か長目に労働から逸れることによって、蓄積された緊張を上手に逃がして行くという方も存在している。なるたけ前向きなワードをつぎ込み、気合を良くする店、美味しいものを摂る、よく可愛い睡眠をとることも労働のリフレッシュのためには重要です。働いていれば労働の緊張はあるものですが、心情や体の健康のためにも緊張戦術につとめましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ